犬の迎え入れから社会化期の接し方

母犬が子犬に離乳を促すのはおおよそ7週齢頃からなので、新たな環境に移るのは8週齢頃からが望ましいと言われています。この時期は脳が活性化し、多くの情報を受け入れられるようになる社会化期となりますが、犬は離乳の時期と社会化期がほぼ同時であり、非常にすばらしい動物と言えます。

社会化期は16週齢頃までとされているので、この時期に社会化を始めれば順調に社会性が身に付くでしょう。でも、散歩に出かけるのは子犬期のワクチン接種が終わってからが良いでしょう。

犬の社会化期は同時に恐怖期にもあたります。人間で言う人見知りの様な状況です。様々な事に怯えてしまうので、車で迎えに行った際には激しく揺れたりしないように注意が必要ですし、イタズラを叱る際に極度に恐怖を与えてしまうと、長期間引きずってしまうことがありますので気をつけましょう。

5月齢頃からは反抗期が始まります。駄目だとわかっていてもわざとやったり、できることでもやらない時期です。しつけの際はあせらずに、犬のやる気を起こさせるように工夫しながらのトレーニングを心掛けたいですね。

家で一緒に生活していくとなると、いろいろなルールを覚えさせる必要があります。変化に強くなく、神経質な犬は特にそうです。

首や足を触られるのが嫌な犬にはご褒美を与えながら触る習慣を付けた方がいいですし、散歩から帰ってきて足を拭く際には拭く順番等も決めておくと犬は安心します。

人と犬は親子のような関係です。見つめあうことで人の親子と同様にオキシトシンが分泌されると言われています。人と犬との上下関係が重視されることがありますが、犬は人を服従させようとしたり、上に立とうという優位性はとりません。一緒の家族としてよりよい関係を築いていけるよう頑張りましょう。